かどや

東京都墨田区向島5丁目で大衆酒場をを営んでおります
ただいま予約はお受けしておりません。
混雑時は2時間以内のご利用でお願いしております。
店内での待ち合わせはお断りしております。
空席確認は電話にて03-3626-9606
<< 夏季限定 うな丼750円、うなぎ蒲焼き600円(約120gのうなぎ蒲焼き使用) | main | 本日の入荷 コハダ >>
追記 三岳酒造 「三岳」と「酔ふよう」の違いについて
0
    IMAG1241_resized.jpg   20110928050828567_resized.jpg
    三岳酒造製造の酔ふよう(すいふよう)が入荷しました。

    この芋焼酎は三岳酒造が製造し、鹿児島のT社が販売している商品です。

    酔ふように関しては、情報が少なく、ネット上では三岳と中身が一緒ではないか?

    との情報がたくさんあり、ぜひ確かめてみたいと思い鹿児島から取り寄せました。

    購入前にいろいろと情報を集めてみましたが、余計に疑問が膨らんでしまいました。


    まず、販売元のT社に問い合わせてみました。「三岳」と「酔ふよう」の中身が一緒ではないかとの

    うわさがあると、男性のスタッフの方に伺ったところ、中身は違うとの回答がありました。

    「酔ふよう」は甕(かめ)で作ってもらっている、との説明がありました。


    続いて「酔ふよう」を多少の手数料を上乗せして、

    販売している鹿児島の酒屋A社に問い合わせてみました。

    すると、「たぶん中身は違うのではないでしょうか?」とのあいまいな回答でした。


    続いて、「酔ふよう」の製造元である、三岳酒造に問い合わせしてみました。

    製造元に聞けば、確かな事がわかると思っていましたが、三岳酒造の回答は

    「こちらではお答えできないので、T社に聞いてください。」との回答でした。

    なぜ製造元が答えられないのでしょうか?

    ちなみに三岳酒造が製造し、他社が販売している芋焼酎「愛子」及び「屋久の石楠花(しゃくなげ)」

    に関して聞いてみると、いずれも「三岳」とは中身も製造方法も違うとの正確な回答をいただけました。

    なぜ「酔ふよう」に関してだけ、答えられないのでしょうか?


    最後にもう一度、販売元のT社に再度問い合わせすると、今度は女性スタッフの方が電話に出てくれました。

    この方に同じ質問をすると、「中身は違うと思います。」とのあいまいな回答でした。

    なぜ「中身は違う」と断言できないのでしょうか?


    IMAG1246_resized.jpg

    三岳と並べてみると、胴ラベルがまったく違います。

    IMAG1247_resized.jpg

    しかし、キャップが三岳と同一のものを使っています。

    違う商品にまったく同じキャップを使うのはとても珍しいと思います。

    IMAG1248_resized.jpg

    胴ラベルの裏側は三岳には商品説明のラベルがついていますが、

    酔ふようにはラベルがついていません。

    IMAG1257_resized.jpg
    左が三岳酒造製造の芋焼酎「愛子」です。

    IMAG1256_resized.jpg
    「愛子」のキャップは「三岳」「酔ふよう」と違い、「愛子」のキャップになっています。

    なぜ「酔ふよう」は「三岳」と同じキャップなのでしょうか?

    IMAG1249_resized.jpg
    2011092805155015_resized.jpg
    見づらいですが、原材料表記はさつまいも、米こうじとまったく同じです。



    20110928042642709_resized.jpg
    詰口年月日が11年6月27日の「酔ふよう」と11年6月28日の「三岳」を
    飲み比べてみました。(経年による、熟成などの別の要素を排除するため)

    当店、かどやのスタッフ、及び三岳が好きなお客様と飲み比べてみました。

    まず、ロックで試飲しましたが、まったく味の違いがわかりませんでした。

    冷やすと味の違いがわかりづらくなるのかもしれません。


    続いて、お湯割りで試飲したところ、若干の味の違いを感じました。

    「三岳」の方が、「酔ふよう」よりもマイルドな口当たりに感じます。

    しかし、違う銘柄のお酒といえるほどの、違いかと考えてしまうくらい似ています。


    最後にストレートで試飲しましたが、味の違いがはっきりとわかりました。

    「三岳」のほうが「酔ふよう」よりもかなりマイルドに感じます。

    「酔ふよう」は辛さ、荒さを感じる口当たりです。



    以上当店かどやの結論は、味は違うが、かなり似ているということです。

    製造方法が一緒で、熟成期間が違うのか?貯蔵するタンクが違うのか?

    それとも、製造した時期が違うのか?わかりませんが、非常に似ている二つの商品です。


    三岳の愛飲家で、興味かある方はぜひ飲み比べてみてください。


    かどやでは「三岳」、「酔ふよう」共にロック1杯400円にて販売中です。




    2013年7月1日追記

    この記事のアクセスが断然多いことにびっくりいたします。

    この記事を書いてから2年近く経ちますが、その後の情報と致しまして、

    三岳と酔ふようは中身が一緒です。ただのタンク違いです。

    今となりましては三岳も増石して入手が容易になりました。

    ですので、値段の高い酔ふようを購入する意味は余り無いと思われます。

    ちなみに三岳酒造製造の「トロが行く」「金生」も中身は三岳と一緒です。




    | のみくい処かどや | かどやの地酒、地焼酎 | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 01:58 | - | - | - |









      http://kadoya-izakay.jugem.jp/trackback/4295
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      スカイツリーの周辺で愛を叫ぶ (PHPコミックス)
      スカイツリーの周辺で愛を叫ぶ (PHPコミックス) (JUGEMレビュー »)
      魚乃目三太
      第五章スカイツリーの地元めし
      〜後編〜
      53ページ、54ページに
      掲載されてます。
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      • あと数年で飲めなくなってしまいます!オールガラス瓶の柴又ラムネ入荷しております。
        ジャンボフェニックス (12/12)
      • 本日のおすすめ スギ(黒カンパチ)塩焼き 300位
        かどや (03/15)
      • 本日のおすすめ スギ(黒カンパチ)塩焼き 300位
        Victoria (03/14)
      • 今年一年お世話になりました。秘蔵高級酒大サービス 清泉 亀の翁 純米大吟醸 亀の尾 一杯850円
        かどや (12/08)
      • 今年一年お世話になりました。秘蔵高級酒大サービス 清泉 亀の翁 純米大吟醸 亀の尾 一杯850円
        (・∀・) (12/08)
      • 訂正しました。 消えゆくカップ酒の自動販売機たち
        かどや (08/11)
      • 訂正しました。 消えゆくカップ酒の自動販売機たち
        noname (08/11)
      • 夏を先取り♪新メニュー もりおか冷麺 500円
        かどや (06/02)
      • 夏を先取り♪新メニュー もりおか冷麺 500円
        やすなが (06/02)
      • 再入荷 悦 凱陣 オオセト純米酒 無濾過生 一杯350円
        かどや (04/28)
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE